仲介と買取の違い

後悔のない売却のために正しい選択を!

後悔のない売却の
ために正しい選択を!

不動産の売却方法は、「仲介」と「買取」の2つあります。
「仲介」「買取」それぞれ違ったメリットが存在します。
後悔のない売却のために、それぞれの特徴を把握し、ご自身の売却プランにあった最適な方法を選択していただければと思います。

介と買取の説明Explanation of mediation and purchase

仲介とは?

仲介とは?

仲介とは、不動産会社が一般の個人を買主として探し出し、個人のお客様に売却する方法です。
不動産会社は、購入希望のお客様や来店のお客様への物件のご紹介の他、不動産ポータルサイトやREINS(不動産流通機構)などのネット媒体への掲載や折込チラシなどの各種広告媒体を使って、広く購入希望者を探します。
そのため、相場価格でのご成約の可能性が高いです。

買取とは?

買取とは?

買取とは、不動産会社がその不動産を直接、売主である個人から買い取る方法です。
不動産会社は、土地や建物を購入し、不動産の開発、建設、リノベーションなどにより付加価値を付け、再度販売を行う事業目的で購入します。
買取は、不動産業者が買主となるので、仲介のように販売期間が必要ではないぶん、物件の価格査定から契約までの流れがスピーディーです。

リットを比較Compare benefits

  • 仲介のメリット
  • 買取のメリット
  • 相場価格での売却が可能

    仲介の場合、時間をかけて納得できる価格での売却が可能です。
    また、各種広告媒体を駆使しているため、広く購入希望者を探し出すことができます。
    したがって、相場価格での成約率が高いです。

  • スピーディーに現金化可能

    不動産会社が買主のため、査定から現金化までの流れが仲介よりもスピーディーです。
    時間かけずにいち早く物件を現金化することが可能です。
    また、仲介のように広告活動を行わないため、周囲に知られずに、短期間で売却できます。

  • 売れるまでの期間、そのまま住み続けられる

    不動産会社が直接売主の不動産を買い取る買取と異なり、販売活動を行って購入希望者を見つけ出し、じっくりと納得のいく価格で売却する仲介は、住み替えまでのスケジュールをゆっくり考えられます。
    仮住まいを用意せず、時間にゆとりをもって引っ越しができます。

  • 仲介手数料が不要

    買取の場合、仲介手数料(取引物件価格×3~5%+消費税)が不要です。
    広告活動を行わないため、周囲に知られずに売却することが可能です。

仲介のメリット

相場価格での売却が可能
仲介の場合、時間をかけて納得できる価格での売却が可能です。
また、各種広告媒体を駆使しているため、広く購入希望者を探し出すことができます。
したがって、相場価格での成約率が高いです。
売れるまでの期間、そのまま住み続けられる
不動産会社が直接売主の不動産を買い取る買取と異なり、販売活動を行って購入希望者を見つけ出し、じっくりと納得のいく価格で売却する仲介は、住み替えまでのスケジュールをゆっくり考えられます。
仮住まいを用意せず、時間にゆとりをもって引っ越しができます。

買取のメリット

スピーディーに現金化可能
不動産会社が買主のため、査定から現金化までの流れが仲介よりもスピーディーです。
時間かけずにいち早く物件を現金化することが可能です。
また、仲介のように広告活動を行わないため、周囲に知られずに、短期間で売却できます。
仲介手数料が不要
買取の場合、仲介手数料(取引物件価格×3~5%+消費税)が不要です。
広告活動を行わないため、周囲に知られずに売却することが可能です。

却までの流れFlow until sale

  • 仲介の流れ
  • 買取の流れ
  • 1売却相談・査定

    売却スケジュールの設定や売却方法などを決めていきます。
    スケジュールや売却方法によってお客様に合った媒介契約の種類や価格設定などが変わっていきます。
    その後、売りたい土地、不動産の価値を査定いたします。

  • 1売却相談・査定

    売却時期の設定や売却方法などを決めていきます。
    その後、市場相場や成約事例の調査、現地調査を行い、売りたい土地、不動産の価値を査定いたします。

  • 2売却依頼・媒介契約の締結

    一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約の3種類の中から、お客様がご希望の契約を締結します。
    媒介契約の内容を書面に記載し、記名押印のうえ、お客様に媒介契約書をお渡しします。

  • 2契約条件の交渉・不動産売買契約の締結

    売買契約書を作成し、不動産売買契約の締結をします。

  • 3広告・販売期間

    購入希望のお客様へのご紹介、不動産ポータルサイトやREINS(不動産流通機構)などのウェブ媒体への掲載、折込チラシなどを駆使して、広く購入希望者を探します。

  • 3 引渡し(現金化)

    契約完了後、代金の支払い手続きを行います。
    条件により、契約・決済が同日に行われるケースもございます。

  • 4買受申込・契約条件の交渉・不動産売買契約の締結

    不動産の購入希望者が見つかると、売主と購入希望者の間に入り、契約金額、引き渡し日、代金の支払い条件などの契約条件の交渉や契約手続きをおこないます。
    売主・買主、双方の合意のもと、不動産売買契約の締結を行います。

  • 5引渡し

    不動産のお引渡しをします。

仲介の流れ

1売却相談・査定
売却スケジュールの設定や売却方法などを決めていきます。
スケジュールや売却方法によってお客様に合った媒介契約の種類や価格設定などが変わっていきます。
その後、売りたい土地、不動産の価値を査定いたします。
2売却依頼・媒介契約の締結
一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約の3種類の中から、お客様がご希望の契約を締結します。
媒介契約の内容を書面に記載し、記名押印のうえ、お客様に媒介契約書をお渡しします。
3広告・販売期間
購入希望のお客様へのご紹介、不動産ポータルサイトやREINS(不動産流通機構)などのウェブ媒体への掲載、折込チラシなどを駆使して、広く購入希望者を探します。
4買受申込・契約条件の交渉・不動産売買契約の締結
不動産の購入希望者が見つかると、売主と購入希望者の間に入り、契約金額、引き渡し日、代金の支払い条件などの契約条件の交渉や契約手続きをおこないます。
売主・買主、双方の合意のもと、不動産売買契約の締結を行います。
5引渡し
不動産のお引渡しをします。

買取の流れ

1売却相談・査定
売却時期の設定や売却方法などを決めていきます。
その後、市場相場や成約事例の調査、現地調査を行い、売りたい土地、不動産の価値を査定いたします。
2契約条件の交渉・不動産売買契約の締結
売買契約書を作成し、不動産売買契約の締結をします。
3 引渡し(現金化)
契約完了後、代金の支払い手続きを行います。
条件により、契約・決済が同日に行われるケースもございます。

介での売却のススメRecommendation of sale by intermediary

仲介での売却のススメ

仲介こそ理想的な不動産売却が実現可能です

仲介こそ理想的な不動産売却が実現可能です

不動産を売却する理由は様々だと思われます。
一方で、誰しもが理想としては高価格で売却したいとお考えでしょう。
さとう不動産では、お客様にご満足していただくために、仲介売却をお勧めします。
買取よりも時間がかかりますが、そのぶん理想の実現にも近づきます。
責任を持って、お客様の大切な資産の売却をサポートすることをお約束します。

仲介での売却なら『さとう不動産』にお任せ下さい!

仲介での売却なら
『さとう不動産』に
お任せ下さい!

介(媒介契約)の種類Type of intermediary

一般媒介
契約
専任媒介
契約
専属専任
媒介契約
何社と契約できる? 複数社と契約可能
※依頼した会社を明らかにする明示型と明らかにしない非明示型があり
1社の仲介業者のみの契約 1社の仲介業者のみの契約
自ら買い手を
探してもいい?
自分で購入者を探すことも可能 自分で購入者を探すことも可能 自分で購入者を探すことは不可能
有効期限 当事者間で自由に取り決め可能 最大3か月
※更新は依頼者から申出がある場合のみ可能
最大3か月
※更新は依頼者から申出がある場合のみ可能
REINSへの登録 任意 義務あり
※契約締結日から7日以内
義務あり
※契約締結日から5日以内
業務状況の報告 任意 義務あり
※2週間に1回以上の報告
義務あり
※1週間に1回以上の報告

お客様に応じて最適な
媒介契約をご提案いたします。

社概要company profile

詳しく見る